享楽への願望



享楽への願望

「パパのことで、クミコさんにちょっとお願いしたこともあるのよ。

 

ほら、うちのパパって、まるで出世に興味がないじゃない……」

 

そう声を潜めて言ったのを聞いたこともある。

 

その頃の侑香は、母の言うことをいちいち気に留める方ではなかった。

 

社交的な母は、知己が大勢いたし、そういう人々のエピソードについて話をするのが好きだったから、侑香の方も、いつも聞き流すようにしていた。

 

それでも「クミコさん」の名は記憶に残っているし、ここ最近、その名前が話題に上る回数が増えていたのかも知れない。

 

(これは、いったいどういうことだろう……)

 

侑香は膝に肘をつき、顎を手に乗せて考えた。

 

このビデオを撮影しているのが、母。

 

ビデオの中で営みをしているのが、寛と今日子。

 

今日子は母の知人で、寛は父の弟子……では、寛と今日子を結びつけたのは、父なのか、それとも母なのか。

 

(父では、あり得ない)

 

侑香は、直感的にそう感じた。

 

だとしたら、残るは……。

 

そのとき、ゴトゴトッという音がビデオから聞こえた。

 

まもなく

 

「ねーえ、カンちゃん……」

 

という母の声が聞こえてくる。

 

侑香がディスプレイに目をやると、四角い画面の下方にテーブルの端が映っている。

 

細かなブレもなくなっている。

 

母がビデオカメラをそこに置いたに違いない。

 

「今日子さんが終わったら、私もお願い。

 

もう、濡れちゃって濡れちゃって、たまらないの」

 

あられもない母の声。

 

しかし、侑香には母を嫌悪する気持ちはさらさら起きなかった。

 

女と生まれて、五十を過ぎて、なおも性の享楽への願望を率直に表せるなんて、すばらしい。

 

最期まで、幸せな人生だったのだ。

 

素直にそう思えた。

 

ほどなく、今日子の躯は絶頂に揺すぶられ、宙の彼方に果てた。

 

寛はその様子を余すところなく見守り、ややあってから体を離す。

 

「済んだのね?嬉しいわ。

 

さあ、来て。

 

もうガマンできない」