深い落胆の声



深い落胆の声

「ねえ、恵介さん……」

 

恵介の耳に熱い吐息を吹きかけながら、侑香は囁いた。

 

侑香を抱く恵介の腕に力が入る。

 

侑香はしなやかな躯を反らせ、片肘を支柱に身を起こすと、斜め上方から恵介の顔を見下ろす姿勢を取った。

 

室内に差し込む外からの淡い光に、熱っぽく濡れた侑香の瞳が輝いている。

 

「私のこと、ずっと大切にしてくれる?」

 

恵介は侑香の言葉をしっかりと受け止めた。

 

掛け布団の中から音もなく腕が伸びてきて、侑香の頭の後ろに手が添えられたかと思うと、ぐいと引き寄せられる。

 

二、三度軽くかすめるように唇を触れ合わせた後、舌を絡ませて情熱的に吸い合った。

 

甘い息苦しさを覚えた侑香がやや力を込めて顔を引き離すと、ジュル、チュバッと大きな音がして、唾液の糸が二人を繋いだ。

 

侑香が舌先で恵介の唇の周囲をツンツンとつつくと、恵介も同じようにお返しをする。

 

侑香の主導で、子どものような愛の交歓がしばらく続いた。

 

いつのまにか体の上下が入れ替わり、侑香は恵介に耳朶を舐められながら、性感を昂らせている。

 

(そう、そうよ……もっとして、気持ちよくして。

 

ここも、して)

 

目を閉じ、恵介の愛撫を受けながら、侑香は男の手を探り当て、手首を掴んで胸に導いた。

 

最初はとまどったように所在なげだったが、侑香が軽く鼻を鳴らすと、自信を得たかのように力を入れて揉み上げてくる。

 

ようやく躯の芯に火がついて、柔肌の下で熱い血潮がざわつきだした。

 

(もっと、強く、ねえ、お願い……)

 

侑香は両手を恵介の体のあちこちに動かして、膚を強くさすり、時には肉を掴み締めて、激励した。

 

そんなことが何度か繰り返された後、

 

「ああ……ダメだ」

 

と深い落胆の声がため息混じりに聞こえた。

 

「どうしたの?」

 

無邪気な侑香の声が、恵介をさらに傷つけたようだ。

 

侑香は、太腿の内側に柔らかい肉片がピタピタと当たるのを感じた。

 

その先端が、心なしか濡れている。

 

猛っているのは心だけで、男根は萎えたままであった。

 

「ごめん……」

 

恵介は侑香から身を離し、ゴロンと仰向けになった。

 

前腕で目を隠している。

 

「どうしたの?」

 

心配になった侑香は、半身を起こして恵介の様子をうかがった。