路地に出る小さな出入口



路地に出る小さな出入口

あの男に逢いたい。

 

激しく抱いてほしい。

 

あの高みにつれていってほしい。

 

あの日から、そのことばかり考えている。

 

実は今日子は、今日を楽しみにしていた。

 

絵画について語り合うこのサークルの仲間に遠見夫人も名を連ねている。

 

夫人は熱心なメンバーだ。

 

欠席するときは、必ず残念そうに電話をかけてくるのが常であった。

 

それが、今日は何の連絡もないのに、遠見夫人の姿がない。

 

電話をしても、一向に出ない。

 

こんなことは一度もなかった。

 

彼女が、あの「カンちゃん」という男の存在を教えてくれた。

 

「カンちゃん」は「煙突屋」という秘密の愛人派遣クラブに登録しており、ホストクラブのように面倒や後腐れのない、純粋な性的奉仕をしていたのだ。

 

もっと、あの男のことが知りたい。

 

ほかのどんな男とも違う。

 

爛熟した女体を絶頂の極みにまで追いやりながら、果てることのなかったあの男。

 

鋼のような浅黒い体。

 

そして、あの、強靱なムスコ。

 

思い出すだけで喉が詰まり、窒息感を伴う快感が、背骨に沿って青い電光のように駆け上がる。

 

今日子は、うっとりとした目で宙を見つめていた。

 

一通りの茶菓に手をつけると、早々に席を立って辞去していった。

 

今日子は、現実と非現実が転倒した世界の中で、挨拶もそこそこに、自分の世界に浸っている。

 

あの濃厚な時間が、円環をなして頭の中を循環していた。

 

「あ、やばい、やばい」

 

「おまえが突き飛ばしたんじゃないか」

 

「違うよ、あいつが勝手によろけてぶつかったんだ」

 

二、三人の少年の興奮した声がした。

 

今日子が窓に寄ると、バタバタと足音が聞こえる。

 

外の塀の向こうに、走り去る何人かの後頭部だけが見えた。

 

そこは、今日子の邸宅の裏手に当たる場所で、細い路地になっているところだ。

 

階下に下りた今日子は、庭に出て裏手に回った。

 

家の中も、芝生の庭も、しんとしていた。

 

家政婦は買い物に出かけている。

 

絵画のサークルがある日は道草をしても咎められないため、帰りは遅くなるだろう。

 

ちょうど、さっき声がしたところに、路地に出る小さな出入口がある。

 

今日子は、錠前を外してそろそろと戸を開けてみた。

 

戸口から頭を出して左右を見た。

 

人影はもう見えない。

 

頭を引っ込めようとしたとき、今日子はぎょっとした。

 

左下の方、塀に背中をくっつけるようにして、制服姿の男の子が一人、横倒れになっている。